<< 2011-02 | メイン | 2011-04 >>

2011年3月29日

鈴虫寺の幸福地蔵様

鈴虫寺(すずむしでら)の鈴虫説法(すずむしせっぽう)の中で幸福地蔵(こうふくじぞう)様へのお願いの仕方などを詳しく教えて頂けると知人に教えて頂いたのでまずはお話を聞きに行ってきました。

住職や副住職をはじめ数名の僧が鈴虫の音色(ねいろ)を聞きながらの鈴虫説法を30分間ぐらい繰り返しされておられるようでした。

やはり印象に残ったのことは「幸福地蔵様は日本で唯一、わらじをお履きになられています。これはお地蔵様が皆様の所まで願いを叶え、お救いの手をさしのべる為に、歩いて来て下さるからなのです。

道に迷われないように住所氏名を間違えないように伝えて下さい。」と言われたことですかね。

他にもいろいろ書きたいところですが興味がある人は是非行ってみて下さい。

ビックリしたのは、平日にもかかわらず満席状態で駐車場も他府県ナンバーで満車でした。

土日は1時間から2時間待ちらしいです。

最後になりますがお地蔵様は地獄に住しておられるとホームページに書かれていましたが皆様は御存知でしたか?

下記にホームページアドレス書いておきますので参考にして下さい。

http://www.suzutera.or.jp/

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月28日

伏見稲荷大社の「おもかる石」

一対(いっつい)の石灯籠(いしどうろう)があります。

この灯籠(とうろう)の前で願い事の成就(じょうじゅ)可否を念じて石灯籠の空輪(くうりん)【頭】を持ち上げ、そのときに感じる重さが、自分が予想していたよりも軽ければ願い事が叶い、重ければ叶い難いとする試し石です。

最初から超重いと思っておけば軽く感じますけどね。

意味はないですけど左右の石を両方持ち上げて来ましたが向かって左の石のほうが若干軽いような気がしましたけどこれは自分だけでしょうか?

このあと、「お山巡り」と言っておよそ4kmを約2時間程で廻ってきました。

お賽銭の小銭は思った以上に必要になりましたね!

途中、眼力社の霊水も頂き、無料のおみくじもさせていただきました。

程よくアップダウンがあって心地よい山道でたくさんのきれいな鳥居をくぐりながらのお山巡りにまた機会があれば行きたいと思いましたね。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月22日

坂本龍馬のお墓

京都霊山護国神社(きょうとりょうぜんごこくじんじゃ)にある坂本龍馬のお墓に行ってきました。

たどり着くとまずホッとするのはやはりそこから見る【京都市内を見おろす】眺めでしょうね。

諸説あって一言では語れませんが個人的には坂本龍馬と言えばやはり薩長同盟を成立させ同志中岡慎太郎とともに1867年京都近江屋で暗殺されたことが印象深いですね。

後から知ったのですが龍馬の死後37年後、日露戦争の最中、昭憲皇太后(しょうけんこうたいごう)様の夢枕に龍馬が現れ「海軍を守護しておりますゆえご安心願いあげます。」と言い残して消えたという逸話もあるようです。

他にも歴史上有名な方々のお墓もたくさんありますので是非皆様も一度足を運ばれてみられてはいかがでしょうか。

現在、二人の功績を称えて陵内に銅像も立っているらしいので機会があればまた見に行きたいと思います。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月22日

南禅寺の「水路閣(すいろかく)」

どなたも一度はドラマでご覧になったことがあるのではないでしょうか?

写真は赤レンガのアーチで有名な南禅寺(なんぜんじ)の「水路閣(すいろかく)」です!

明治時代に琵琶湖の水を京都に引き入れた水の道【琵琶湖疎水(びわこそすい)】です。

今では京都【南禅寺】を代表する景観及び建築物の1つですね。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月22日

南禅寺の山門(さんもん)

今回初めて南禅寺(なんぜんじ)の山門(さんもん)の上に登って来ました。

歌舞伎の中で石川五右衛門(いしかわごえもん)が山門の上から「絶景かな、絶景かな。」と言うセリフが有名だと思います。

この写真は、山門に登って上から撮った写真です。

結構高くてグルッと一周、見おろすことが出来たので景色がとてもきれいに見えました。

春になって桜が満開になれば素晴らしい景色になるんでしょうね。

その時また機会があれば行ってみたいものです。

かなり混むんでしょうね!

皆様も一度この眺めに浸りに来られたらどうでしょうか?

山門の1階にある受付でパンフレットのような薄い本(300円)を購入しましたがいろんな写真【庭や虎の図】など説明がきがあってとてもよかったと思いましたよ。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月22日

一乗寺下り松(いちじょうじさがりまつ)

江戸時代はじめ、この地で、剣客・宮本武蔵が京都の兵法家(ひょうほうか)として名高い吉岡一門数十人と決闘を行った伝説が有名です。

詳しいことは分かりませんが「一乗寺下り松の決闘」については一般的には武蔵が勝利したと言われていると思います。

写真の松は現在、4代目で石碑には宮本・吉岡決闘の地とほられていました。

初代「一乗寺下り松」の古株は近所にある八大神社(はちだいじんじゃ)に保存されているようです。

このような場所に来ると宮本武蔵をもっと詳しく知りたくなりましたね。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月22日

狸谷山不動院の「トイレの神さま」【トイレのお札】

みなさんはご存知でしたか?

写真は、「トイレの神様」【トイレのお札】です。

トイレを清浄に保つ、ウスサマ明王様のおふだです。

「南向又は東向におはり下さい。」とのことでした。

狸谷山不動院のホームページからもお守りの通信販売があるようなのでアドレスを下記に記載しておきますので是非参考にして下さい。

http://www.tanukidani.com/

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月22日

狸谷山不動院「宮本武蔵修行の滝」

写真は狸谷山不動院(たぬきだにさんふどういん)の宮本武蔵修行の滝です。

剣豪・宮本武蔵が滝に打たれ、修行を続け、己に勝つ不動心を感得(かんとく)したのもこの地みたいです。

滝のホームページは現在、未完成(工事中)のようですが他にも見所が沢山あるのでアドレス書いておきます。

是非、参考にして下さい。

http://www.tanukidani.com/

後日、知ったのですが健康増進事業「kenko-250」という企画があり、「健康階段」という名の石段250段を10回登ると満願達成で「健康の証」が頂けるそうです。

上記記載のホームページの新着情報の中に少し書かれていますので参考にしてみて下さい。

さすがに1日で10回はきついと思いますが一度挑戦したいですね。

詳しくは、狸谷山不動院まで問い合わせして下さい。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月21日

新・都ホテル1階「ロンド」でディナー

仕事の付き合いでスタンプラリーを開催している新・都ホテル「ロンド」のディナーに行ってきました。

このスタンプラリーの企画は下記に記載しておきます。

写真は、京千枚漬けに見たてた甘酢大根とカニのミルフィーユです。

大変おいしかったですよ。

食後にはデザートも頂きました。

デザートの料金も庶民的で200円又は300円でしたのでオススメです。

新・都ホテル「ロンド」のホームページにもお料理の写真等があるので参考にして下さいね。

3月末で今回のスタンプラリーは終わりますが次回開催の4月1日(金)からのスタンプラリーは、是非6つのホテルすべてのディナーを廻って1ディナー無料券をゲットしたいと思います。

ディナーだけでなくランチもあり、全部廻らなくても抽選等もあるみたいなので詳しくはホームページを参考にして下さいね。

第46回 京都駅周辺6ホテル共同企画

シェフの饗宴(きょうえん)in KYOTO

春の京

2011年1月7日(金)から3月31日(木)まで。

次回の開催期間は、2011年4月1日(金)から6月30日(木)までみたいです。

6ホテル共通料金 ランチ2,000円 ディナー3,000円

新・都ホテル ダイニングカフェ&バー ロンド / 1階

http://www.miyakohotels.ne.jp/newmiyako/restaurant/rest/02/02/1179477_2582.html

春の京(第46回京都駅周辺6ホテル共同企画)

http://www.oishiihotel.jp/feature/stop/feature1-1101.html

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月20日

ブログ再開の件

東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げますとともに、被災地の1日も早い復興をお祈り申し上げます。

3月11日(金)の地震発生からブログ等、自粛しておりましたが自分達に出来ることから一つ一つ実行していきたいと思います。

ブログを見ていただいて京都の名所やレストランなど今後の為の参考にしていただいたり、話のネタになって会話がはずむだけでもありがたいことだと思っています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月10日

松尾大社の「亀の井」

霊亀の滝(れいきのたき)の近くに「亀の井」という霊泉があり、酒造家はこの水を酒の元水として造り水に混和して用い、また延命長寿・よみがえりの水としても有名とのこと。

少し頂きましたが冷たくておいしかったです。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月10日

松尾大社の「天狗岩」

写真は霊亀の滝(れいきのたき)の向かって左方向にある天狗岩です。

写真が飾ってあり天狗岩に丸をつけてあったので探しだすことが出来ました。

写真がなければちょっと分からなかったと思います。次は、「亀の井」です。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月10日

松尾大社の「磐座登拝(いわくらとはい)」

本殿を造られる以前に神様を祀(まつ)られていた山頂近くの「磐座(いわくら)」といわれる大きな岩があり、神聖な場所の為、登拝(とはい)の申込後、指示された手順を行い山に入ることになります。

【撮影が禁止されている為、磐座登拝(いわくらとはい)の受け付け時に頂いた地図をアップしておきます。】

途中、登拝道見晴台で休憩していると200円を箱に入れて5枚のお皿(5枚とも紙で包んである)をとって約20m崖下にある3つの樽に向かってお願い事をしながら投げるというものがありました。

詳しく知らなかったので樽に向かって1枚に1つの願い事をしながら投げました。

結果、最初の2枚が樽の中に入りましたがあとの残り3枚は入りませんでした。

後で知ったのですがこれは【「心願盃投げ(しんがんさかずきなげ)」と呼ばれるもので願いを込めて投げた盃(さかずき)が見事、的(まと)の酒樽(さかだる)に入ればきっと願いが叶います。】といわれるものでした。

最初の二枚が入って本当にラッキーでした。

そのあとは時間的に急いで登っていたので急な登り坂がかなりきつく感じましたね。

登りはじめて約20分後、最後の階段?を登っていると松尾大社の磐座(いわくら)にたどり着きました。

山頂近くと言うこともあってか、ひんやりしていてとても清々しい(すがすがしい)感じがしました。

下山途中に水元(みずもと)さんと呼ばれている霊亀の滝(れいきのたき)・亀の井の水源に立ち寄ってから降りました。磐座登拝(いわくらとはい)には機会があればまた行きたいと思いましたね。

(2回目からは登拝料金が安くなるようです!)

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月10日

松尾大社の「撫で亀さん(なでかめさん)」

松尾大社(まつおたいしゃ)の「撫で亀さん」です。

【古来「亀」と「鯉(こい)」は松尾大神様のお使いと伝えられています。

中でも「亀」は健康長寿のシンボルとして親しまれてきました。

直接手をお触れになりその霊威にあやかってご利益をお受け下さい。】

と書かれていましたので、撫で亀さんの甲羅(こうら)の部分と頭の部分の両方を撫でさせていただきました。

次は、松尾大社の磐座(いわくら)です。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月10日

松尾大社の「相生の松(あいおいのまつ)」

京の西を守護する白虎(びゃっこ)の地。

京都最古の神社とされる松尾大社に行ってきました。

社殿の前には350年の樹齢をまっとうした「相生の松(あいおいのまつ)」の木株が祀(まつ)られてあり、恋愛成就(れんあいじょうじゅ)・夫婦和合(ふうふわごう)の御利益(ごりやく)があるようです。

その他、見るところが多いので簡単にコメントを書いていきたいと思います。

次は撫で亀さん(なでかめさん)です。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月8日

岩清水八幡宮の鳩みくじ

本日は仕事ついでに岩清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)の鳩みくじ(はとみくじ)に行ってきました。

鳩は八幡様のお使いで戦(いくさ)があった時、金の鳩に姿を変え、乱の平定に力を添えたといわれているらしいです。

鳥居の八幡宮(はちまんぐう)と書かれた文字の中の八(はち)の文字は鳩になっているのも見てきました。
昔から名将と言われた人達も参拝に訪れてたので必勝祈願の御利益もあるかもしれませんね。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月7日

貴船神社の水占い

パワスポの鞍馬寺に行った帰りに貴船神社の水占おみくじ(みずうらおみくじ)に寄ってきました。

200円を支払い箱の中から文字の書かれていないおみくじの紙を1枚選んだ後、石垣に湧く御神水(ごしんすい)にひたすと文字が浮き出てきます。

おみくじの紙が乾くとまた文字が消えるらしいです。

1度は、行ってみる価値アリだと思います。

後で聞いた話によるとこの御神水は3年間くみ置きしても腐らない?らしいです。

次回行ったときは、御神水を飲んで水の神様のパワーを頂きたいと思いました。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月7日

京都のパワースポット「鞍馬寺」

写真は鞍馬寺の本殿金堂の正面にある六芒星?(ろくぼうせい)をデザインした石畳の中心にある三角形の石です。

この石の上に立つとパワーがもらえるらしいです。

鞍馬寺は源義経(牛若丸)ゆかりの地でもあり、史跡も数々あります。

多くを見て廻ろうとすると結構、時間と体力が必要だと思いました。

次回、また行く機会があれば時間をとってゆっくり廻りたいですね。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月6日

京都嵯峨野「竹林」の道

天龍寺の庭園拝観コースの北門を出ると観光名所のひとつ「竹林」の道に出ます。
北門を出て左方向が特に整備が行き届いていて綺麗でした。

思ったより人が多くて人が写らないように写真を撮るのに時間がかかりました。
「竹林」を抜けるとトロッコ列車の嵐山駅があります。
3月1日から運転を再開されているようでした。

誰でも1度は乗ってみたい列車だと思いますね。

個人的には嵐山を観光しようと思えば見たいところが多くて時間がたっぷり必要だと感じましたね。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月6日

(世界文化遺産) 天龍寺の雲龍図

嵐山にある天龍寺で特別拝観をしている加山又造画伯渾身の力作「雲龍図」です。
法堂の天井中央に直径9mの円形枠いっぱいに墨色のみずみずしい「八方睨み」の龍として描かれています。

かなり迫力ありましたけどね。

春の特別拝観の内容は下記に記載しておきますので参考にして下さい。

拝観期間は3月5日から5月8日。

拝観時間は10時から15時半迄。

拝観料は500円。(庭園、諸堂拝観料は別途)

庭園もかなり広くて綺麗なのでまた時間をかけてゆっくり行きたいですね。

次に竹林の写真をアップしておきます。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月3日

城南宮神苑内の綺麗なコイ

城南宮神苑「室町の庭」内の池に架かっている石橋の上に立つと両サイドから大きくて綺麗なコイがいっぱい寄ってきました。

何かエサになるものを持っていれば良かったのですが…。
次回、行く時は何か持っていきたいと思います。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月3日

城南宮のしだれ梅と椿まつり

城南宮神苑(源氏物語ゆかりの「花の庭」しだれ梅と椿まつり)での写真です。2月18日(金)から3月21日(月・祝)まで 午前9時から午後4時までみたいです。綺麗に手入れがされた庭園で個人的にはかなり広く感じましたけどね。次回は、桜が満開の頃に行ってみたいものです。せっかくなので綺麗なコイの写真もあとでアップしておきます。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月1日

京都タワーの外観

せっかくなので京都タワーの外観写真もアップしておきます。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月1日

展望室から撮影

雨で見にくかったですが京都タワー展望室から見た西方向の写真です。

晴れた日にまた行ってみたいと思います。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月1日

京都タワー展望室から見た京都駅

あいにく雨の為、遠くが綺麗に見えませんでしたので京都駅を撮影しました。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月1日

京都タワーで手相占い

京都タワーの入場ゲートのすぐ横にある良く当たると噂の「コンピューター手相占い」に行ってきました。料金は通常500円ですが京都タワーの入場券(大人770円)を購入して200円引チケットを利用したので300円でした。手相を読み取った後は、1分もかからないうちに手相診断書を頂きました。個人的には内容がビックリするほど当たっていました。よく人から言われることが書かれていたので大変驚きです。ついでに京都タワーの展望室にも行ってきたのであとのブログで写真をアップしときます。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年3月1日

北野天満宮の梅苑公開

2月20日(日)の北野天満宮の梅苑公開(ばいえんこうかい)時の梅の写真を頂きましたのでアップしておきます。

開苑期間は平成23年2月11日(金)〜3月下旬まで公開予定です。

ちなみに2月25日(金)は北野天満宮の梅花祭(ばいかさい)がありました。毎年菅原道真公の命日に行われる祭典です。

行けたら一度行ってみたいですけどね。

投稿者 探偵A | コメント(0) | トラックバック(0)