<< 2011-04 | メイン | 2011-06 >>

2011年5月30日

建仁寺 金澤翔子書「風神雷神」

以前、TBSテレビの金スマで放送されていましたが、生まれてすぐにダウン症と診断された金澤翔子さんが5歳の時に書家(しょか)である母泰子氏に師事し、書道を初め、数々の苦難、苦悩を乗り越え名誉ある賞を受賞されるにいたり、建仁寺に2009年大作「風神雷神」を奉納されました。

建仁寺のホームページにも「構図が実物の屏風を連想させ、まさに風神と雷神が天を飛翔しているかのような躍動感にあふれた作品です。」と書かれているように見ていて何かを感じとることが出来そうな、そんな気がしました。

少し、はみ出るくらいで書かれた力強い筆さばきの感じがとてもいいなと思いましたね。

これからも書道を通して作品を見られた人達に何かをあたえられるようなそんなご活躍をして頑張って頂きたいと思います。

下記に建仁寺のホームページアドレスを参考の為に書いておきます。

http://www.kenninji.jp/

金澤翔子さんのホームページアドレスも参考の為に書いておきます。

http://www.kshouko.com/

投稿者 探偵A : 2011年5月30日 21:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoutotantei.com/blog/tb/bmid_2011053120454700008