<< 2011-04 | メイン | 2011-06 >>

2011年5月30日

建仁寺の国宝「風神雷神図屏風」

京都最古の禅寺(ぜんでら)建仁寺(けんにんじ)に行ってきました。

個人的には建仁寺と言えば俵屋宗達(たわらやそうたつ)の代表作で最高傑作といわれている国宝「風神雷神図屏風(ふうじんらいじんずびょうぶ)」ですかね。【前に少し聞いたことがあるだけなんですけどね。】

金箔が一面に貼られる屏風の中に対(つい)をなす神の姿を白色【雷神】と緑色【風神】で描いたことは画家の並外れて優れた色彩感覚の表れで、神の表情は観る者に強烈な印象を与えているらしいです。

後世には有名な絵師達が模作(もさく)を残しているほど有名みたいです。

現在は京都国立博物館に収蔵され、建仁寺には精密なレプリカが展示されているようですがレプリカでもかなりの迫力でしたね。

本物と見比べることが出来れば面白いかもしれません。

恐らく自分レベルでは、どちらが本物か区別出来ないでしょうけど。

最後になりますが「風邪引いてまんねん」という台詞(せりふ)で有名なカイゲンのCMに出てくるマンガチックな風邪の神様は俵屋宗達の「風神雷神図屏風」の風神様をモチーフにしているらしいです。

ご存知だったでしょうか?

次は、俵屋宗達の「風神雷神図屏風」と並べて置かれている金澤翔子書「風神雷神」です。

投稿者 探偵A : 2011年5月30日 21:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoutotantei.com/blog/tb/bmid_2011060311490200002