<< 2011-08 | メイン

2011年10月1日

清正井(きよまさのいど)

先日、調査で東京まで行った際、ちょっと前に話題となっていた有名なパワースポット【携帯電話の待ち受け画面にするといいことがあるといわれている】明治神宮の「清正井(きよまさのいど)」に寄って来ました。

開苑時間が午前9時からということを聞いていたので朝7時から一番乗りで並んでいました。

すると親切な職員さんが「最近では皆さん8時半ぐらいから並ばれているようですよ。」と声をかけてくださったので本殿等にお参りなどをした後、8時20分ぐらいに戻って再度、並び始めました。

職員さんのおっしゃった通りで、たいへん助かりました。

その後、9時までの間に25人から30人位、並ばれていましたね。

入苑の際、御苑維持協力金1人500円を受付で支払った後、たまたま地図が書いてあるパンフレットのような紙が置いてあったのでそれをもらい、警備員がいる方向に進んで行くと警備員が「こちらの方向に進んでいって下さい。」と言ったのはいいがその先は、看板のない分かれ道でした。

先頭であったがゆえ、たまたま手に持っていた地図を見ながら、なんとか無事迷うことなく清正井(きよまさのいど)にたどり着くことができ、ほっとしながら携帯電話で井戸の写真を撮らせていただきました。

良いことがあるのか?ないのか?よく分かりませんが「努力をしてきた人には、良いことがあるらしく、努力をしなかった人に、もし良いことがあった時、その真逆の負を背負うことになる。」とテレビで言われていた気もしますので注意が必要なのかもしれません。

欲をかかずに願いごとをして、最後はやっぱり普通が一番なのかも知れませんね。

当社のご依頼者様及び関係者の方々、このブログを見ていただいてる方々にも努力の結果、幸運が訪れますようお祈り申し上げます。

探偵A

PS 

加藤清正伝説についても書きたかったんですが。

いつになるか分かりませんが時間のあるときに書きたいと思います。

投稿者 探偵A : 2011年10月1日 21:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kyoutotantei.com/blog/tb/bmid_2011092619280200001